鬼さん此方(こちら)

目次


プロローグ
2007/09/10
第1章
月光の少女 前編後編
2007/09/10
第2章
五里霧中 前編後編
2007/10/15
第3章
日常の風景
2007/11/04
第4章
夕焼けの記憶 前編後編 2007/12/17
第5章
見つめるもの 前編後編
2008/03/03
第6章
中庭の幽霊 前編後編 2008/12/08
第7章
鬼と鬼斬り 前編後編 2008/12/27
第8章
交差する想い 前編後編 2009/03/20
第9章
月明かりの浜辺で 前編後編 2009/05/06

エピローグ 2009/05/06

あとがき 2009/05/06

こちらのランキングに参加しています。面白いと思ったら投票お願いします。
 NNRランキング


登場人物(随時追加)

 天神 航太郎(てんじん・こうたろう)
  主人公。鬼の血を引く少年。高校一年生。細身で背が高く、鬼族の例に漏れず整った容姿の持ち主。
  父親の転勤で引っ越してきたその晩に藤崎和水に出会い、命を狙われていると恐れている。

 藤崎 和水(ふじさき・なごみ)
  航太郎の転校先のクラスメート。艶やかな漆黒の長髪を持つ美少女。
  航太郎が引っ越してきた晩に羽織袴に薙刀という姿で出会い、恐怖を植えつけた。
  名前の通りのおっとりとした性格で、あまりクラスに溶け込めていないらしい。

 川端 咲季(かわばた・さき)
  航太郎の前の席の少女。快活な性格で、転校生の航太郎に興味を持ち、積極的に関わりを持とうとする。
  クラスで浮いた存在になっている和水のことも心配していて、航太郎を通じて仲良くなろうとしている。
  航太郎曰く、「鈴を転がすようにきれいな声」の持ち主。

 中洲 桂子(なかす・けいこ)
  咲季の親友。三つ編みのおとなしそうな少女。
  無口なのは引っ込み思案だからではなく、のんびりし過ぎて会話に参加するタイミングが掴めないため。
  ぽややんとしているように見えてかなりの毒舌家。

 橋本(はしもと)
  クラスメート。航太郎と対照的に小柄な少年。縁なしの眼鏡をかけている。
  女性的な容貌の割に豪放な性格で、咲季や桂子とよく行動を共にしている。
  咲季にさえ下の名前を覚えてもらえないなど、不遇な扱いを受けている。

 箱崎 旅人(はこざき・たびと)
  航太郎と同郷の二歳年上の鬼の血を引く少年。
  二年半前に突然村から姿を消すが、航太郎の引っ越し先の街で偶然再会する。

 祇園 恭介(ぎおん・きょうすけ)
  航太郎と同郷の同い年の鬼の血を引く少年。同学年ということもあり、航太郎とは小さい頃からの親友。
  姉思いの一面もあるが、多少行き過ぎている部分もあるようだ。

 祇園 舞衣(ぎおん・まい)
  航太郎と同郷の同い年の鬼の血を引く少女。恭介の双子の姉。
  鬼族特有の美貌に加え、落ち着いた性格で面倒見もいいため、男女問わず人気が高い。

 室見 涼子(むろみ・りょうこ)
  両親の死後、藤崎家に引き取られている少女。和水と同い年の高校一年生。
  藤崎家の家事全般を取り仕切っていて、和水のことを「お嬢様」と呼んで慕っている。
  和水と親しくしている航太郎が気に入らないらしく、何かと絡んでくる。

 赤坂 志麻(あかさか・しま)
  藤崎家と遠縁の少女。高校二年生。
  快活で裏表のない性格で、和水や涼子から頼りにされている。
  航太郎の住むマンションの近くにある楓山(かえでやま)神社の宮司の娘。

小説煩悩に戻る

トップに戻る

背景画像:季節素材 夢幻華亭

海外ドラマ
広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー